2017年7月11日火曜日

鶏と野菜の黒酢あん定食@大戸屋新宿



夜は恵比寿で勉強会があり、その前に腹ごしらえと思い、新宿で途中下車して何か食べようと。

たまには定食でも食べようかと思い、東口にある大戸屋へ。

普段そんなに行かないから新鮮。メニューを見ても結構悩む。そば付きもいいが多分そんなに食べられないよね、と結局「鶏と野菜の黒酢あん定食」を注文。ご飯は五穀米。

サラダは大根細切りと水菜がシャキシャキしていい。メインの鶏と野菜の黒酢あんも味も濃すぎずいい具合。

いい腹ごしらえをして恵比寿へ向かいました。

2017年7月9日日曜日

まぐろの握り



みんな疲れているしたまにはお寿司を食べようか、でも外に食べ行かないよ、ということで握ってあげる。

以前もやったことあるけど、酢飯を作って、ネタを載せてと素人が結構きれいな形にするのは大変ですな。

不格好になってしまったが、まぁ味はまずまずということでちびすけ達には好評だった。よかった。

2017年7月6日木曜日

時間的無限大 スティーヴン・バクスター

先日「ブルー・マーズ」を読んだからか、違うSFも読みたいなと思い、図書館でバクスターの「時間的無限大」を借りてみた。

いわゆる「ジーリー・クロニクル」の一幕なのだが、大昔に読んだバクスターの短編集「真空ダイアグラム」と「プランク・ゼロ」で綴られた世界について書かれた中編小説。

宇宙への進出を遂げた人類は一度スクウィームという種族に支配され、その支配から脱したがその後クワックスという新たな種族に支配されてしまっていた。

その世界からクワックスの目を盗んで一隻のタイムシップが1500年前の木星圏に行くためワームホールを通り抜けるところから物語は始まる。1500年昔の地球には科学者マイケル・プールがいて、彼を中心に物語は進んでいく。クワックスの司政官はワームホールを使って未来に行きクワックスの支配が覆されることを知る。そこで1500年昔へ追いかけ人類の反抗を阻止しようとするが…

とにかく設定が壮大で、前述の短編集でもその片鱗がちらほらと出ていたが、1500年前の地球では長寿処理や様々な科学技術があったが、クワックス圧政下ではすべてを取り上げられている。

設定や世界観は好きだが、小説、物語としてはちょっとインパクトに欠ける気もする。

 

チキンとその卵のふわふわカレー@YamiTuki飯田橋

終日本社だったので、久々に、気づけば今年初のYamiTukiでランチ。

我が定番チキンとその卵のふわふわカレーを注文。サラダを食べながら待っていると、カレー登場。いい香り。

で、一口食べてあれっと思い、よく見ると卵もチキンもいないよね。これは森のきのこカレーでないかな、と店員さんに注文と違うんですが、と申し出る。値段同じだしランチタイムで忙しいとは思うが、たまのYamiTukiなんだから食べたい物を食べたいので。

ということで、一口食べちゃったけど下げてもらって、チキンとその卵のふわふわカレー登場。もちろん大辛。やっぱり旨いね。もう満足。

 

2017年7月5日水曜日

かき揚げそば@生蕎麦いろり庵きらく田町



三田から直帰だったので、電車に乗る前に駅そばでかき揚げそばを食べました。

かき揚げもボリュームあり、思いの外お腹いっぱいにww

なんだか久しぶりに立ち食いそばで食べた気がする。

2017年7月3日月曜日

赤羽台

帰りがてら赤羽まで散歩。18時過ぎてもまだまだ陽が明るい。
たまには違う道を行ってみるかと、北赤羽過ぎたところで線路脇の自転車置き場横の道を行ってみるも行き止まり。少々がっかりしながら戻って、タクシー会社?の脇を行くと上り階段があるので、行ってみる。
あの病院の裏、あるいは学校の脇にでも出るのかなと思いきや下り坂となり小さな神社の脇に出て行く道。あぁ、ここは通ったことあるなぁと思いながら、大して新航路を発見できず残念ではあるけれど、赤羽までの新たな散歩道にはなったのかな。
 
 

 

2017年6月30日金曜日

海老天たま丼@満天丼

久しぶりに池袋まで歩いてみる。

途中板橋本町の満天丼で休憩。

今回は海老天たま丼を注文。ここはお茶、お水だけでなく味噌汁もセルフサービス。おかわりしようと思えばできるんだろうけど、そんなに味噌汁ばかり飲めない。

天丼は海老もふっくら揚がっており、卵も半熟度がいい。

思ったより、店舗増えないけどもっと流行ってもいいと思う。